治療内容について(症例)
ぁ撻ぅ鵐廛薀鵐函曚△覆燭蓮屮アズケ」?「待ち遠しい」?
 

1.インプラントの手術  歯を抜く手術  手術中の痛み

患者さんから見るとインプラントの治療って「ものすご〜く痛そう」と見えるようですね。
(他人事のような書き方ですみません!)
しかし、落ち着いて考えてみましょう。

「ナオレ・ナオレ・チチンプイ・プイ!」って母親がやる事を基準に考えれば・・・
残念ですが・・・手術ですから「多少は・・・ネェ!」としか答えようがないのが現実です。


でも「盲腸」などの手術(局部的な麻酔による手術)等の時に「手術中、メッチャ痛くてサ〜!」と言う話は、余り聞きませんよね。
手術している所には麻酔がしっかり効いているからです。
そして、麻酔が切れた後に傷口が少し引きつれる感触が暫く続く、その程度でしょう?
(「その麻酔がな〜・・・!」って、お忘れですか?当院の小児に対応している無痛麻酔の事を!)

同じ様に、インプラント手術の時も麻酔をしてから処置をするので、術中に患者さんは痛みを感じないのが普通です。
じつは・・・術中、人知れず色々と心の中でストレスと言う痛みと戦っているのは我々の方なんですヨ!)(-_-;)v
麻酔の切れた後も同様に、多少の術後症状(この場合、引きつれる感触とは違うようです)が起こり得るでしょう。

 

さて、貴方は歯を抜いた事がありますか?
その時(個人差や状況的な差は、ありますが)麻酔が切れた頃に多少うずいた程度の事を経験している方も居られると思います。

通常の抜歯範囲では、最大でそのような後症が見え隠れする程度の事が多いと思います。
(「おおむね」としては「まったく、何ともないよ」という場合が過半数でしょう。)

エッ、とんでもない思いをしたって?
こっ、これは『通常!』を前提にしての話ですょ!(-_-;)

 

エェ〜ット、話を戻して・・・(^_^;)

結果として、インプラントも盲腸と同様で術中は殆ど痛みが有りません。
ただし、インプラントも手術なので多少の範囲の術後症状がある場合が予想されるし、それは抜歯と違い「腫れる」ということが見え隠れの部分に加わってきます。

それらの術後症状は、もし出たとしても長くても1週間から10日以内には消滅しています。

私の考えとしては、問題となるのがその後の「噛める」ようになるまでの期間です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

2.早く噛みたい  インプラント治療

入れ歯では不十分な「噛み味」を再び味わいたい、という事を希望に「清水から飛び降りる?」覚悟をして、せっかくインプラントの手術までしたのに・・・
実際に歯が役に立つのは6ヶ月以上も先の話
「オアズケかょ・・・ウゥウ、待ちきれないぃ〜〜!」。

正直に同意します。
私がその立場だったら・・・
「術後4〜5日で、たのむよ〜〜!」って言ってしまいそうです。

私がインプラントについて(導入する事も含めて)自分が受けて「ヨシャ!いいぞ!!」っと、思えるものを約16年以上検討して絞り込めなかった事も、その辺の事からです。

しかし現在、当院では私の「基準の許容範囲」である術後約2ヶ月で(通常2ヶ月以内)には機能できる「(他と比較して)早い!」インプラントで対応しています。
2ヶ月なら、「待ちきれないぃ〜〜!」が、「待ち遠しい〜〜!」と言う風になりませんか?
(エッ、それでも長いって・・・フム、「貴方は、私より・・・短気!」!(-_-;)!)


エェ〜ット、話を戻して、 ですね・・・
今回、掲示の写真は、たまたま金属色による歯ですが実際に2ヶ月以内に噛めるようになった方の写真です。
結果的に当院での、インプラント治療による「通常の範囲」の日数です。

で、しかもその使用しているインプラント本体がシンプルなので、他の複雑なモノと比較して構造的なトラブルが無い。
つまり、「(他と比較して)丈夫!」とも言えます。

それでなければ「私、自分自身も受けたい!!」と思いませんからね。

「良い事だらけジャン!」・・・
でしょ、でしょ、でしょ。

と、言いたいのですが・・・いやいゃ、そうとも言えません。

良いものを、長く使ってもらう為に殆どのインプラント治療には、共通して『出来る場合と、出来ない場合』の壁が存在します
つまり、「誰にでも出来る治療では無い!!」という壁です。
この壁については個人差による個々の問題ですからここでは何とも書けません。
(しかし、医療の進歩で徐々にですが、出来る範囲が拡大傾向に有る事も事実です。)

今日出来なくても、明日には出来るかも知れませんね。


お気軽にご相談下さい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
  

      << Prev     Next >>