治療内容について(症例)
Α數秧譟柬秧譴砲弔い董ΑΑδ砲ない麻酔への工夫
 
 

1.使用量を抑える 人体に優しい (痛くない)

麻酔についての意見は様々有りますが、当院の、と言うか〜・・・私の基本的考えとして!

当然、必用が有ってですが、「麻酔薬」と言う化学薬品が人体内に注入して来る訳ですから、出来ればその量を少なくしたい
単純に、一般の普通人から考えても使用量が多いのと少ないのではどちらが「人体」に与える影響を抑えることが出来るのでしょうか?
(さらには、使用量が少しなら痛みを与える、或いは感じる機会も減ると言えませんか?)

さて麻酔薬使用量の多い少ない、あなたが選ぶのは・・・ドッチ!?

そう考えると、やはり少ない方ではないでしょうか。


しかし、今度は使用量が少なくて麻酔本来の効果が無いのもチョット・・・ですよね。

そこで私としては、効果から見た『最低限度の使用量』を独自に判断をして使用しています。
常にその事を意識する事によって、効果が有りながら使用量が少なくて済んでしまう。
そんな使い方を基本と考えています。

「当たり前だ!」って、エェ〜ット、そうとも言えないのが旧来からの歯科の現状かもしれません。
なぜなら・・・写真を見てみましょう。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

2.確実に使用量を抑える 効果を最大にする工夫

向って左端が旧来から現在も一般的に普及している歯科用麻酔薬の入ってるディスポ(使い捨て)のカートリッジ(容器)です。
次の左から2番目の物が、私が選択して使用しているカートリッジです。

容量の違いが判りますよね。
単純にこれだけでも「使用量」を抑えている事になりませんか??
(そう言われてから見ると、左端のデカイ奴って、痛そうに見えませんか?、「ドレも痛そう」ですって、気持ちですよ「キ・モ・チッ!」)

しかも、実際の「使用量」なのですが、逆の右端からの10本は、それぞれ一回の治療に使用した残り(廃棄容器から撮影のために拾ってきた)ものです。
これで『親知らずを抜く』事や単本の『インプラント』、『歯の神経を取る』果ては単純な『つめもの』の、麻酔が必要と判断し治療に使用した残骸?です。
このビミョ〜な違いが『最低限度の使用量』の違いなのです。
そして、このビミョ〜な違いが『体に優しい』麻酔の使い方、等と考えています。

ただし、使用対象が個性ある「ニンゲン」ですから状態によっては、イレギュラー的に左端のデカイ奴を使用する時もあります。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
 

3.痛みを抑える工夫 痛いイメージを壊せ!

一言で『マスイ!』なのですが、使い方には色々な手順や工夫で手間暇かけると・・・痛くなく出来るんですょ!!
当院で治療された方なら体験的に「ナニ!」っと思った(?)事でしょう。

「べ〜つに?」???ってか!(^_^;)
オィオィ、思い出せ、思い出せ
過去の他医院と比較して『ジックリ時間を使いジンワリと効果させる』で、『痛みを余り感じない』だったでしょ。(^◇^;)v


実は、私が使用する麻酔前処置の薬は、未だ歯科界では普及している物では有りません。
大きく言えば『独自性』が高く、未だに希少的な工夫です。

そして、麻酔も最新機器の中でも見た目のイメージから、「注射」とか「痛み」を感じさせない様な形状工夫が有るものを採用しています
注入中も現実に痛くなく、注入量も控える工夫!

その結果、3才の小児に注射してもケロリ!!

殆どの方には「痛くない」と言うか・・・痛いとか痛くないとかを意識しない麻酔。
それが、私が現在実施している「工夫麻酔?」です。
( オォ〜〜、大きく出たね!!(^◇^;)v )

 

とは言っても・・・
(ナイショの正直な話としては)
イレギュラー的に「効きにくい方」は存在してますので『100%・全ての人・万人』に対して、とは言いませんが。
少なくとも、『実感として』過去の歯科麻酔の怖いイメージとは異なると思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

      << Prev