★世界で唯一活性型天然2(供坊織灰蕁璽殴麈杞臉宿福屮肇譽ットUC40」
 
今、全国に愛用者が続々増えてます!
超お勧めの商品です。
売れてます!!
新発売
トレカットUC40


世界で唯一安定活性型天然況織灰蕁璽殴麈杞
■UC・2+
(活性型天然2(供坊織灰蕁璽殴鵝


コラーゲンは人間や動物に存在するタンパク質で、
皮膚や筋肉、骨など体の構成要素の一部です。
体の新陳代謝に一番重要な栄養素で、
その代謝の衰えが老化の引き金となります。

UC・2は、鶏胸軟骨から抽出した天然況織灰蕁璽殴
(世界唯一の変性していない純粋な天然コラーゲン)で形成されており、

食品成分として利用することができるのはUC・2のみです。
UC2の1日の必要量40mgが3球で補充できます。
 
■ボスウェリア・セラータ

インドの乾燥した高地に自生する
カンラン科の落葉高木で別名インド乳香と呼ばれる。
その樹脂はサライグッグルと呼ばれ
アーユルベーダにおいて
リウマチ・関節炎・高脂血症の治療に用いられてきた。

この樹脂の濃縮エキスがボスウェリア・セラータエキスとして
精され有効成分ボスウェリン酸の抗炎症作用が注目されている。
1日量400mg程度摂取すると
関節疾患の疼痛緩和が得られるとしている。

主成分ボスウェリン酸は
5-リポキシゲナーゼを選択的に阻害して、
ロイコトルエン類の生成を抑制する抗炎症作用が確認されている。
またグリコヒドロラーゼ類を阻害して
グルコサミノグルカンの破壊を阻害する事も確認されている。
通常の消炎鎮痛剤の副作用である胃腸障害がないのも特長である。
■コンドロイチン硫酸

コンドロイチンは成長期には体内で十分に生産されますが、
年齢とともに少なくなり、関節の円滑性や
皮膚のみずみずしさを失う原因となるので、
サプリメントとして補給するのが効率的とされています。
■N-アセチルグルコサミン

カニ、エビなどの甲殻に含まれる
キチンから取り出される白い結晶性の粉末です。
酵素分解による天然素材です。

ブドウ糖と同じ単糖類の一種で、
甘味があり、多くの生体調節機能を持っています。

美肌づくりや変形性関節症の改善効果
記憶学習能向上
ビフィズス菌を増殖させることによる整腸効果
などが報告されています。

N-アセチルグルコサミンは、
体内で代謝によりヒアルロン酸に変化します。
ヒアルロン酸は1gで約6リットルもの水分を保持することができ、
皮膚など体の中で潤いをキープします。
■キャッツクロー
キャッツ
クローとは、南米ペルーのアンデス山脈のふもとの
熱帯原始林に自生している大きなつる状の樹木です。
アカネ科カキカズラ属に分類され、学名を「ウンカリア・トメントーサ」
と言い、成長すると10〜30m、直径15儖未砲覆蠅泙后

樹皮・幹・葉が使用部位とされ、蔓の部分に猫のように
鋭いかぎ状のトゲを持つことから、猫の爪(キャッツクロー)
と呼ばれるようになりました。
6種類のアルカロイドを持つキャッツクローは、
関節の炎症を抑え、
免疫力を高める作用を有し、
関節のトラブルに欠かせない素材です。
1日当たり3球を目安にお召し上がりください
(3球あたり 約24.9g
(1球415mg×60球)
1球の内容量340mg
¥8,820(税込価格)
 

  ご購入はこちらから
エネルギー 4.40kcal
炭水化物 0.81g
タンパク質 0.06g
ナトリウム 1.13mg
脂質 0.10g
「トレカット」が平成16年11月25日付健康産業流通新聞に特集掲載
「トレカット」が業界内でも注目
昨年の発売以来、販売が好調な「トレカット」が業界内でも注目されています。
その好調の原因を、業界紙の健康産業流通新聞が掲載していますので、
ここで内容の一部を要約して載せておきます。

「トレカット」の主成分であるUC2
(変成していない純粋な活性型天然2型コラーゲン)は、
軟骨の骨組みとなる主要構造タンパク質で関節を構成する重要な成分であり、
異常な免疫反応を抑えるなど他のコラーゲンにはない特性をもっています。
また、ハーバード大学医学部における各種の研究により、
健全な関節を助長する成分であることも判明しています。
ワキ製薬が扱う「トレカットUC40」は、
2型活性コラーゲンにボスウェリア・セラータ
Nーアセチルグルコサミン、コンドロイチン、
キャッツクローなどの5成分を配合した
関節対応サプリメントで、体感性の高い製品として注目されています。
活性況織灰蕁璽殴鵑箸
○活性況織灰蕁璽殴
況織灰蕁璽殴鵑脇霍に多く分布するコラーゲンで、
従来からよく知られてきた儀織灰蕁璽殴鵝僻乕罎粢Г紡燭ぁ砲箸
アミノ酸の配列順序が異なっている。
活性況織灰蕁璽殴鵑蓮
ハーバード大学医学部のデヴィット・R・トレンザムによって
リューマチなどの関節痛に対し症状を改善する作用があることが報告され、
関節ケアの新機能成分として注目されている物質である。

 関節痛の原因の一つに軟骨の消耗があるが、
これとは全く違う原因で起こる関節痛がある。
本来は異物に対して身体を守る免疫システムが、
軟骨の腫瘍タンパク質である況織灰蕁璽殴鵑魄枴として誤認し、
抗体を形成して攻撃してくるために生じる関節痛で、
一般にリューマチと呼ばれるものである

。軟骨の消耗による関節痛と痛みのメカニズムが異なるため、
グルコサミンやコンドロイチン硫酸といった
従来の関節ケア成分の補給だけでは対処が難しいとされてきた。

 外の体内には、細菌などの外来侵入物と
身体に有益な栄養素とを区別する経口寛容というシステムがある。
トレンザムらはこの経口寛容に着目し、
況織灰蕁璽殴鵑異物でなく栄養素として認識されれば
免疫システムは作動しないのではないかと考えた。
しかし、従来の況織灰蕁璽殴鸚宿覆浪蹴愿、
あるいは高温処理によって変性されたものが多く
、不活性で消化吸収性に劣っていた。
トレンザムらのグループは鶏の胸部の軟骨から低温処理によって
非変性況織灰蕁璽殴鵑涼蟒个棒功、
これを用いた臨床試験でのリューマチの症状改善が確認されたのである。
論文はサイエンスに掲載され、
ヽ萓況織灰蕁璽殴鵑鬘灰月服用して
リューマチ様関節炎患者の10名中6名が顕著に改善し、
1名が完全回復した、
⊇兎討淵螢紂璽泪鼠祐慇甕蟯擬圓鯣鏝骸圓箸垢
90日間の二重盲検プラセボ対象追跡試験において、
活性況織灰蕁璽殴鵑鯢用した28名がプラセボ群に比べて有意な改善を示し、
4名は完全回復した、と報告されている。(1993年、ハーバード大)
健康食品辞典より