初めに、神が天と地を創造した。

地は形がなく、何もなかった。

闇が大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を歩いていた。

そのとき、神が『光よ。あれ。』と仰せられた。すると光ができた。

神はその光をよしと見られた。そして神はこの光と闇とを区別された。

神は、この光を昼と名づけ、この闇を夜と名づけられた。

こうして夕があり、朝があった。第一日。




ついで神は『大空よ。水の間にあれ。水と水との間に区別があるように。』と仰せられた。

こうして神は、大空を造り、大空の下にある水とを区別された。

するとそのようになった。

神はその大空を天と名づけられた。

こうして夕があり、朝があった。第二日。




神は『天の下の水は一所に集まれ。かわいた所が現れよ。』と仰せられた。

するとそのようになった。

神はかわいた所を地と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。

神は見て、それをよしとされた。

神が『地は植物、種を生じる草、種類にしたがって、

その中に種のある実を結ぶ果樹を地の上に芽生えさせよ。』

と仰せられると、そのようになった。

それで、地は植物、おのおのその種類にしたがって種を生じる草、

おのおのその種類にしたがって、その中に種のある実を結んだ。

神は見て、それをよしとされた。

こうして夕があり、朝があった。第三日。




ついで神は、『光る物は天の大空にあって、昼と夜とを区別せよ。

しるしのため、季節のため、日のため、年のために、役立て。

天の大空で光る物となり、地上を照らせ。』と仰せられた。するとそのようになった。

それで神は二つの大きな光る物を造られた。

大きいほうの光る物には昼をつかさどらせ、小さい方の光る物には夜をつかさどらせた。また星を造られた。

神はそれらを天の大空に置き、地上を照らさせ、また昼と夜とをつかさどり、光と闇とを区別するようにされた。

神は見て、それをよしとされた。こうして夕があり、朝があった。第四日。




ついで神は、『水は生き物の群れが、群がるようになれ。また鳥は地の上、天の大空を飛べ。』と仰せられた。

それで神は、海の巨獣と、その種類にしたがって、水に群がりうごめくすべての生き物と、

その種類にしたがって、翼のあるすべての鳥を創造された。

神は見て、それをよしとされた。

神はまた、それらを祝福して仰せられた。

『生めよ。ふえよ。海の水に満ちよ。また鳥は、地にふえよ。』

こうして、夕があり、朝があった。第五日。




ついで神は『地はその種類にしたがって、生き物、家畜や、はうもの、

その種類にしたがって家畜、野の獣を生ぜよ。』と仰せられた。するとそのようになった。

神は見て、それをよしとされた。

そして神は、『われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。

そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のはうすべてのものを支配させよう。』と仰せられた。

神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。

神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。

神はまた彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。

『生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。

海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。』

ついで神は仰せられた。

『見よ。わたしは、全地のうえにあって、種を持つすべての草と、

種を持って実を結ぶ全ての木をあなたがたに与えた。

それがあなたがたの食物となる。

また、地をはうすべてのもので、いのちの息のあるもののために、

食物として、すべての緑の草を与える。』すると、そのようになった。

そのようにして神はお造りになったすべてのものを御覧になった。

見よ。それは非常によかった。こうして夕があり、朝があった。第六日。




こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。

それで神は、第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。

すなわち、第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。

神はその第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。

それは、その日に、神がなさっていたすべての創造をのわざを休まれたからである。




『聖書 新改訳』 旧約聖書 創世記 1章1節〜2章3節 より参照!

     << Prev