◆サクラ大戦声優トークショウ◆
◆久美さん的一口メモ◆



〜1日目〜

☆久美さんのファッション
 上は、薄いピンク色の花柄のブラウス(V字形のネック)、下はジーンズ生地のロングスカートでした。胸元には、白い飾りのネックレスを下げていました。靴はサンダルっぽい黒のパンプス。ピンクの花柄ブラウスが非常に良く似合っていた、とっても春らしい格好でした。
 明るい茶色に美しく染めた髪を、後ろでゴージャスに、飾り立てるようにアップにしていました。また、爪には白いマニキュアをされていました。

 これは果たして気のせいなのでしょうか……。
 トークショウの久美さんは、年末年始の時期に行われた舞台挨拶より一段と綺麗になっていました。どうしても目が離せなくなるほどに、また、終わった後、暫し放心状態になってしまうほどに。
 「アリス〜」のお稽古が始まり、久美さんの大好きな舞台、久美さんの本領が発揮される時期が来たせいでしょうか。神々しいまでに美しかったです。

☆久美さんのトーク
 「サクラ大戦4」でサクラが一つの完結を迎えたことに対しての感想⇒
 終わった、という感じは全然していない、とのことでした。むしろ、「サクラ大戦4」で帝国歌劇団が打った公演「レ・ミゼラブル」をやりたい、と広井さんにおっしゃっていました。
 さすが舞台人な久美さんです★

 1日目は、「恥ずかしくも楽しい話」というテーマで、3つのお題が出されました。横山智佐さんから順番に、帝都花組のキャスト、巴里花組のキャスト、という具合で、お一人ずつ答えていく形式でした。

1.初恋
 これは「サクラ大戦」シリーズをプレイされている方ならお分かりの通り、小学2、3年生の頃の失敗談でした。
 初恋のお相手、同じクラスの好きな男の子とお話したいもののなかなか機会が無かった久美さんが、偶然、拾ったその子の落とし物。チャンスとばかりにその子の家に届けに行った久美さんでしたが、その落とし物とは悪いテストの答案用紙。久美さんの初恋はそこで終わった(笑)、というお話。

2.結婚についてどう思うか
 結婚は好きです。
 結婚していたいです(この辺は言葉を選んでいたような感じでした)。
 と、おっしゃっていました。一人では心細くて生きていけないです、だから、結婚していたいです、というのその理由でした。「結婚していたいです」。未婚・既婚、どちらに受け取っても、ファンを安心させてくれる、久美さんらしいお答えでした。

3.海外に行ってのカルチャーショック
 私、ディズニーランドが好きなんですよ、と話し始めた久美さん。日本のディズニーランドで働いている人はみんな若い人ばかりなのに、オーランドやロスのディズニーランドには、もう、おじいさん、おばあさん、という年齢の方が元気に働いていることに驚いた、ということでした。

◎おまけ久美さん
 田中真弓さんが花組のメンバーでサイパンに行った時のことを話した折、あかほりさとるさんと一緒に服のまんまプールに突き落とされた(笑)、という話がありました。そこで、この服は高いからお願いだからやめて、と高乃麗さんは助かったということだったのですが……、久美さんってば、自らマイクを取り、何だかそのブランドものの服に興味津々といった感じで、高乃さんの服が何かで当たったものだということをばらしてしまったのでした(笑)。


〜2日目〜

☆久美さんのファッション
 濃いめの、水色の花柄(1日目と比べると花の数は少ない感じ)ワンピースの上に、柔らかそうな薄手の白い服を着ていました(ワンピースだと分かるくらいの薄さ)。スカート丈は前日より短く、靴も白いパンプスに変わり、この日は涼しげな服装でした。また、右手首に赤いリングをはめていらっしゃいました。ネックレスは銀色をした飾りのものを付けていました。

☆久美さんのトーク
 サクラというシリーズを通しての思い出⇒
 忘れっぽい&天然なところもある久美さんは、質問からどんどんずれていってしまいました(笑)。
 昨日の夜、みんな(1日目の出演者の皆さん)と晩ごはんを食べに行き、何を食べようか、ということで、「サクラ4」の中のアイリスの台詞をずっと思い出していた、とのことでした。ネタばれになるのでみなまで書きませんが、プレイすれば必ず分かる台詞です。久美さんはその台詞を、可愛らしく言いつつ、そのことをお話されていました。
 それは昨日のことだろと、突っ込まれる久美さんでしたが(笑)、更に久美さんはこんなことをおっしゃいました。
 「あの、ごめんなさい。昨日は飲み過ぎてしまいました★」
 さすが酒飲みな久美さんです(笑)。

 2日目のテーマは、「ちょっと真面目な話」ということで、3つのお題が出されました。最後の質問だけ、順番が逆になり、日高のり子さんから答えていきました。

1.小さい頃の夢
 いっぱいありすぎました、とおっしゃる久美さん。でも何よりなりたかったのは、「お嫁さん」とのことでした。最後に「ちょっと可愛いでしょ」とおっしゃる久美さんが可愛かったのでした。

2.今、努力していること
 これは正に予想通りのお答えでした。サクラの映画の新春舞台挨拶で、今年の抱負は「痩せること」とおっしゃっていた久美さんです。
 久美さんの口から出たのは、ずばり「ダイエット」。
 「わー★」と照れたように、隣にいらっしゃった高乃麗さんに向かって、両手を上げる久美さんが印象的でした。
(私個人が思ってしまったことは、ここをクリック)
 「機械が頑張っています」とおっしゃる久美さん。「お腹のところでぶるぶる震えるやつ」と手振り身振りで久美さんは説明していました。私も名前は分かりませんが、お腹のところに巻いて振動で、という器具です。「機械に頑張ってもらっています」と、照れつつ苦笑いしつつな久美さんでした。

3.感銘を受けた本
 これは久美さんの前の方々のお答えの流れから、感銘を受けた漫画に変わっちゃっていたのですが(笑)、こちらも予想通り★ 久美さんの口から出たタイトルは「キャンディ・キャンディ」でした。
 そして肝心の本については、「本は〜……」と考え込む久美さん。
 「わたし、おチビちゃんとおんなじで鳥頭だから」と、本を読んでも直ぐ忘れてしまうのだと、おっしゃっていました(おチビちゃん、というのは小桜エツ子さんのこと。ずっと以前、小桜さんはFOXさんの劇団員だったのですが、たまたま小桜さんがお答えの中で、久美さんのことを劇団の先輩とおっしゃったことから、気を許したのかそうお呼びになったご様子です)。
 今、読んでいるのは今度やる舞台の脚本、とおっしゃる久美さん。「五月末にやるので、よろしくお願いします」と、最後は控え目におっしゃっていました。
 そう、『アリス イン ワンダーランド』のことです!
 話の流れからではありますが、しっかり宣伝してしまうところに、久美さんの気合いの入り様が窺えました。本番初日まで2ヶ月を切り、ますます楽しみになってきた『アリス〜』です★

◎おまけ久美さん
 1日目、田中真弓さんが身長のことで、自分より低い小桜さんを前に出して、一緒に並んで喜ぶという場面があったのですが、2日目、同じことをやった真弓さん。
 ところが、久美さんと渕崎ゆり子さんが、お二人を挟むようにしてご登場★ 久美さんってば、真弓さんの頭をぽんぽんやったりしちゃったのでした。



 2日間とも、久美さんはお綺麗で、且つおいしかったです。本当に、お腹いっぱいという感じのトークショウでした。
 久美さんは緊張はされているものの、このトークショウを楽しんでいらっしゃるご様子でした。伊倉一恵さんが自分の一番、好きな曲は以前は「サウンド・オブ・ミュージック」だったけれど、一度、聴いてからは今は「つばさ」だというお話に、渕崎さんと手を取り合って喜んでいたシーンもありました。
 他の方のお話にもしっかり耳を傾け、よく頷き、よく笑い、よく隣の方(高乃さんと渕崎さん)と言葉を交わしていました。
 目の前のことに懸命過ぎて、忘れっぽかったり、天然だったりする久美さんですが、こういうところは本当にしっかりしていて素敵です。


     << Prev     Next >>