◇「サクラ大戦 活動写真」
◇クリスマス舞台挨拶 久美さん的ミニレポート◇



 ステージに立ったのは(向かって左から)広井王子さん、横山智佐さん、高乃麗さん、久美さん、田中真弓さん、伊倉一恵さんの五人。

 久美さんは、エレガントなグレーのスーツ(前がV字になっていて、そこから中のブラウスの襟が大きく迫り出している形)に、今、流行り(?)の切子模様のストッキングに短めの黒いブーツという出で立ちでのご登場です。ちょっぴり開いた胸元には、クリスマス気分たっぷりの、赤紫色のリボンを首から提げていました。髪は「F・f・ーエフー」の時よりも伸びていて、ウェーブヘアをアップにしていました。

 中央にあるマイクに、一人ずつ立ってまず挨拶していったのですが、久美さんは可愛らしく腕を広げて開口一番「メリー・クリスマス!」。が、微妙に間がずれてしまい、客席からは声が上がらず(笑)。朝も早かったから、皆、久美さんのテンションに付いていけなかったのかもしれません(ごめんなさい、久美さん)。「誰も言ってくれないのねー!」と嘆きつつ(笑)、再び気を取り直して「メリー・クリスマス!」。今度はばっちりでした。
 アイリスではなく西原久美子としてお客さんの前に出るのは三度目(一度目はサクラ3の制作発表、二度目はゲームショウになります)、とおっしゃり、まだ苦手であるということを打ち明けていました。実際、結構緊張しているご様子で、久美さんの笑顔も気持ち、舞い上がっている感じでした。その後は映画の出来について褒め、久美さんのご挨拶は終わり。そして次は真弓さんの番だったのですが、ここで身長ネタが炸裂しました(笑)。マイクに頭をぶつける真弓さん。身長のある久美さんの後に、あの真弓さん。久しぶりにこういうのを見た気がしました。
 他の方が話している時の久美さんは、手を前で組み合わせて、真弓さんに笑顔を向けたりしていました。

 で、一巡すると、今度は広井さんが一人一人に質問していきました。久美さんはここでも抜群においしかったです☆ アフレコ時の思い出は? と聞かれて、微妙な間の後、久美さんが大きな声で言った答えは何と「忘れました!」の一言(笑)。いつアフレコしたかも忘れているご様子で、横山さんに9月です、なんて言われたりもして。FOXさんの舞台のことは驚くほど覚えていらっしゃるのに、物覚えがいいのか良くないのか、そこら辺りがまた魅力的な久美さんです。舞台や演技のことはしっかり覚えていて、他のことは記憶から抜け落ちていってしまうのでしょうか。夏の格好だった、と久美さんは呑気におっしゃっていました。
 久野さんとお昼ご飯を食べたことが、久美さんの思い出ということでした。
 その後は、劇中のワンシーンについて広井さんに振られました。帝劇防御壁のポールの上に立つというシーンについて。久美さんは最初、「?」という感じでしたが、ジャンポールじゃないよと言われつつ(笑)、花組の霊力がアイリスに集まって……と説明されて、漸く思い出していました(この辺の思い出し方が、とっても普段の久美さんらしかったです)。
 やがてそれが舞台に、という話になり、ポールの上から飛びましょうか、なんて話に。久美さんも乗り乗りで、「飛びたいです、飛ばせて下さい!」とおっしゃっていました。沸き起こる拍手の中、「飛ばせていただきます」と頭を下げる久美さんでした。
 続いては真弓さんの番でしたが、再び身長ネタ(笑)。これこれ広井君なんて言って、広井さんにマイクの高さを直させていました(笑)。

 以上、短い時間でしたが、久美さんは綺麗で可愛くて面白くて、おいしかったです(笑)。かつてFOXさんで親方こと中島聡彦さんが、久美さんの他の人には無い点として「脳のシワ」を挙げていたり、久美さんご自身も、自らを漢字四文字で表すというお題に対し、「日本脳炎」などという返答をしていたことがありましたが、今回は正にその面目躍如。久美さんの頭の中はやっぱり違う!って感じでした。
 そんなお茶目な久美さんが手を振りながら帰っていく姿は、本当に素敵で、本当にいい笑顔をしていました。
 映画本編は胸が熱くなりっ放しの展開(まだご覧になっていない方がいらっしゃると思うので、詳しい内容には触れまえんが)で、また、久美さんの一言一言、アイリスの台詞回しも、よく練られた感じのするもので非常に素晴らしくて、お芝居という観点では、全く久野さんに引けを取らないものでした。


(個人的な感想)
 いっぱい目が合ったり、こちらに向かって手を振ってもらえたり、最後に久美さん!と呼べたりして、ちょっとした舞台挨拶なのだけれども、こうして書き残したくなるくらい、素晴らしい一時でした。
 僅かな時間でしたが、久美さんとクリスマスを過ごすことができて本当に幸せで、久美さんを好きになって良かったと心の底から思えて、そう思って目頭が熱くなるような……そんな素晴らしい一日でした。


     << Prev     Next >>