10/12日の蚤の市の騒動のことから私たちの存在意義、
立場について再認識させていただく機会になりました。
掲示板にも書いてありましたが、そうですね。
私たちは蚤の市を盛り上げるために手を出したお手伝い役にすぎません。
参加者に指示したり命令するのはもってのほかだったようです。
再認識した私たちの立場から、これからの私たちの役割を見つけたつもりです。
これからは指示したりするのではなく、情報をお知らせしたりすることなどを中心に、
参加者の1人として蚤の市を盛り上げていくつもりです。
また、毎回の蚤の市のアンケートなどを行ったり、レポートを作ったりして、
蚤の市の良さをアピールし、意見をみんなで共有できる場を提供したいと思います。