インプラント治療の流れについて

次に、インプラントの治療の流れについて説明しましょう。(チョット難解な部分も・・・文章のみなのでゴメンナサイ)

1. 相談を含めた依頼を受けてから診査をして治療計画を考えます。
口の中の状態(残っている他の歯、アゴの骨、歯肉や粘膜、咬み合わせ等)を診査します。
診査の結果から判断した内容で、実際の治療計画を立てます。
(この時、全身の状況についても審査の対象とし必要に応じては内科等の医科の主治医と情報交換や連携もします)

具体的な治療計画としては、インプラント手術に必要な方法や内容について立案しておきます。
例えば、使用できるインプラントの種類、インプラントの長さや直径、及び本数等。
最終的なカブセ物の種類等も、この時点で決定するか、或いは範囲を絞っておきます。
その事によってカブセ物も含めたインプラント治療について、十分な説明が可能となり本人の同意が得られ判断材料になる訳です。
(この時点でカブセ物について最終決定とはしません、『最終候補』と言うポジションです)

2. 他の治療との兼ね合いを考えます。
現時点で全体的に歯周病だったり、或いは最低限としてインプラントの治療予定の周辺がに何か問題点があれば、先ず事前に処置します。
特に、前記してますがインプラント治療の成功の鍵を握るのは、歯に付着するばい菌をいかに除去できるかです。
それは、生涯インプラントが存続する限り継続する本人に与えられた課題です。
歯ブラシによる丁寧な日々のメンテナンスが重要なポイントですので、この時点でメンテナンスの重要性について確認してもらいます。
それが出来ないようなら、この時点で中断もします。

3. インプラント手術と術後管理。
後で別ページにて詳しく書きますが、大きく別けてインプラントの手術には「1回法」と「2回法」の2種類の手術方法が有ります。
当院でのインプラント手術ですが、骨の中に埋め込む歯根の代用部分とカブセ物の土台部分が1つになっているインプラントによる1回法をメインとしていてます。
理由として手術回数が1度で済む事。
また、インプラント自体がシンプルな構造な為、インプラント由来の弱点が少ない事。
前記してますが、インプラントを埋めてから転居などで当院に通院が不可能となった場合で、カブセ物にトラブルが出ても転居先の普通の医院でトラブルに対応出来ること。
2回法でのジョイント部分で、万一トラブルがあった時には、各メーカー専用の高額な工具が必要になり、施術した医院外ではトラブルの対処が出来にくい場合があります。
それらの理由により患者さん側が優位と考えているからです。

また、たまたまですが、その1回法のインプラントの中に特殊な加工をしているメーカーがあり、その加工の為に術後の定着が2ヶ月(誌上では1ヶ月を過ぎる頃)で上のカブセ物を製作可能と言う患者さんにとって朗報となってる訳です。
今までは2回法も含めてですが、最終的なカブセ物にたどり着くのに6ヶ月から1年以上と言う歳月が必要だったわけですから、それから考えてそのインプラントにしている訳で、たまたまそれが1回法だった、と言う事です。

以上から当院でのインプラント手術は1回法をメインとしていてます。

ただ、術後管理として1回法の弱点と言われているのは手術直後から口の中にインプラントが「ニョキ」っと出ているため『術後感染の危険性』の問題が言われています。
現実に当院でも2症例に、術後感染の為1回法のインプラントを撤去(脱落)してから、改めて骨の中に埋め込む歯根の部分と、その後ジョイント接合するカブセ物の土台部分の2つのパーツからなるインプラントによる2回法でリカバリーした症例が有ります。
(その方はリカバリーの2回法で無事に成功しその後は現在も安定してます・・・無論保証対象です)

手術直後の翌日は、何か有事の場合に備えて早めに次の手を打てるように、手術による治療痕の確認を「必須」と考えています。
その為、2日連続で来院できる日程を確保しています。
(とは言うものの、忙しい方も居られますので「原則」として、と考えていますが・・・出来れば是非ご協力をお願いする所です)

当然、骨に関わる手術ですので、「術後の痛み」や「腫れ」は覚悟して欲しいと思っています。
が、当院では殆どの場合で「2日目での痛み」は無いようです。
腫れも、手術中の手応えから私が想定する「腫れ」を大きく下回る状態で経過しています。
感覚的に言うと・・・腫れが有っても「アレ、片側だけチョット太った??」っと言うレベルで、殆どはそれすら無い状態です。

しかし・・・一般的な原則としては
『骨に関わる手術ですので、「術後の痛み」や「腫れ」は覚悟して欲しいと思っています。』

歯ブラシですが、現実に傷口が存在し、糸で縫っている事を考えると2〜3日後から軽く「なでる」程度のブラッシングをイメージしてください。
1週間から10日掛けて徐々に「なでる」から「掃く」程度へと変化させてください。

手術から1週間から10日後には糸を取り除きます。
その頃からは「丁寧に掃く」から「弱いブラッシング」へと変化させてください。

2週間を過ぎる頃からは「弱く」では有りますが、通常のブラッシングが可能になりす。

4週間頃にはインプラントに対して普通にブラッシングが可能になっていますのでその頃からは特に強さの意識は持たなくて良いでしょう。
この頃までは、好奇心によってインプラントを指で揺さぶってみたり、ピーナッツや煎餅、アゲクに梅干の種などを噛んで「インプラントの感触」を味わおうとしないで下さい。
特に最初の2週間は『絶対安静』を心がけてください。
その2週間頃はインプラントと骨が友好条約を結ぶかを検討しているビミョウな時期なのです。
4週間を過ぎる頃には友好条約が結ばれて友好関係に信頼度が加わって安定化を目指す時期となります。

そうしている間6週間を過ぎて下のアゴならカブセ物のカタドリの時期になります。
上のアゴでも8週間前後でカタドリの時期となります。
私の考えでは、この時期からは友好関係の上に信頼関係も出来上がり、多少の無理も骨側が「まぁまぁ」と許してくれる時期となりますので安心できる目安と考えています。

そして、カブセ物が入ったら、後は普通に食事が可能になります。

我慢していた、時々コリッっと硬い所がある「つくね」を遠慮なくパクリ!
噛むとジューシーな焼肉をモグモグ!
バリっと割れる煎餅はお茶も美味い!!
プリプリ感がタマンナイ海老の天ぷら!!
イカだろうがタコだろうが食える!!!
なんたって餅がペタペタしても歯が落ちてこない!

いろいろ試しながら慣らして自分の体の一部分に取り込んでください。

 

ただし、しっかりとメンテナンスには「御召還」いたしますのでよろしくお願いします。


そっと、小さく・・・つづく