ドックベストセメント(Doc's Best Cement)

当医院ではドックベストセメント(Doc's Best Cement)という「特殊な効能を持つセメント」をご用意しています。
これにより大部分は無麻酔でも治療が可能となり、しかも、保険の従来法と異なり虫歯の部分を全部は削らずに神経を保護する事が可能になります。

通常の保険の治療は「虫歯部分を完全に除去」することが基本です。
虫歯菌に感染した部分(軟化象牙質)を完全に除去する時に痛みがある場合は麻酔が不可欠です。

そして、虫歯菌に感染した部分(軟化象牙質)を完全に除去した場合、歯髄(神経)まで虫歯菌が達していたら「神経を取る」という治療が求められます。

ところが、このドックベストセメント(Doc's Best Cement)は虫歯菌に感染した部分(軟化象牙質)を完全に取り除きません。
逆に神経に近い部分の虫歯菌に感染した軟化象牙質が残っていた方が都合がよいのです。

なぜなら残された軟化象牙質はドックベストセメント(Doc's Best Cement)の効力で虫歯菌を殺菌し無菌化され、セメントに含まれるミネラル等で再度石灰化し硬い象牙質へと変化するのです。


麻酔もしない、神経も取らない、虫歯も全部はとらない、 2〜3回の治療回数と言う患者さんの求める「夢の治療」となるのです。

同様のタイプの治療として「3Mix法」と言うものが有ります


ドックベストセメントと3Mixとの違い

「3Mix」の特徴として次の事が言われています。
 ・3Mixは物性が固くない→ 固くない物を詰めて大丈夫なのか不安要素が有る
 ・3Mixは抗菌力の維持がない→ 3Mixは作成してから翌日には効力が無くなる
 ・3Mixは薬の成分でアレルギーがあり得る→ 問診しなくてはならないが、歯科とはかけ離れた「膣トリコモナスの薬でアレルギーはありますか?」とは問診し難くく把握しにくい。
 ・3Mixは作成と管理が非常に厳密で難しい→一般開業医が管理しにくい

だったら、操作も管理も簡単で抗菌力も持続性があり、扱いなれているセメント類だからドックベストセメント(Doc's Best Cement)が有利であろうと私は考えて導入しています。


従来の保険治療

通常神経まで虫歯が達する、もしくはギリギリの場合、保険治療では歯の中の神経を取ります。(将来的に神経の無い歯は、もろくなります。)
神経を取った歯の寿命は短くなる傾向が有ります。
神経を取ると歯の中に血流がなくなってしまうので、例えると枯れた木になってしまいます。
また神経を取った歯は、根に病巣をつくり痛む可能性が出て来ますし、なにより破折や破断の可能性が高くなり抜歯の適応にもなってしまいます。

そのため、出来れば歯の神経は、抜かないほうが良いのですが解っていても保険診療では神経の治療が多々ありDr自信も「保険」に翻弄されてる部分もある訳です。


==========
ドックベストセメントシステム

ドックベストセメントシステムは自費診療です