無痛麻酔と無痛治療について

無痛麻酔による無痛治療

無痛麻酔とは、痛くない麻酔注射(無痛注射麻酔・無痛注射局所麻酔)の事です。
実際、歯科治療では、麻酔を使用することが頻繁にあります。
この麻酔が痛ければ、「頻繁に痛い」と言う事になってしまいます。

かと言って麻酔無しでの治療では・・・
歯を削られた時に痛いですよね。

つまり、麻酔は治療中痛みが出ないようにするためには必要な存在なのです。

切っても切れない物なら、逆に痛くなく出来ないだろうか??
そんな立場から当院では普通の麻酔から無痛麻酔へと工夫して無痛治療の導入としています。

その工夫ですが主に・・・

1. 表面麻酔(針が無い麻酔を含む)
  麻酔の注射をする前に、歯肉の表面に麻酔をして、針を刺すときの痛みを和らげます。
  この表面麻酔にもいくつか種類があります。
  スプレータイプやジェルタイプ、針先を持たない(針の無い)麻酔などを駆使し、また、その効果を十分に引き出す適正な時間も必要になります。

2. 極力細い針の使用
  入手可能な限りの中でもっとも細い針を使って注射をする事により針を刺すときの痛みを和らげます。

3. 麻酔薬カートリッジウォーマー
  麻酔薬を体温と同じ36度程度に温めて温度差の刺激による痛みを無くします。

4. テクニック(電動麻酔器を含む)
  電動注射器を使うことで手動では出来ないゆっくりした刺激のないスピードにより、麻酔液が体内に入る時の痛みを和らげます。

5. 環境(アロマ等「静」の環境作りを含む)
  精神的な緊張感から来る痛みに対する感覚を和らげます。
  (院長やスタッフの個性を含めます)

上記の事柄等について其々工夫しています。


それらを駆使して無痛のまま麻酔が出来て、麻酔効果が有る時に治療を済ませれば、『無痛の治療』となる訳です。


それ以外の私独自かも知れませんが、当医院で麻酔に対する工夫としては
1.使用量を抑え人体に優しい麻酔への工夫
2.確実に使用量を抑える為の、効果を最大にする工夫
3.痛みを抑える工夫としての「痛いイメージ」を壊す

等にも挑戦しています。

===============
上記した内容をもう少し掘り下げてみましょう。

無痛麻酔への工夫

1. 表面麻酔(針が無い麻酔器を含む)

  本格的に麻酔の注射をする前に、針を刺す場所の歯肉の表面を麻痺させてから注射すると、当然として針を刺すときの痛みが和らぎ無痛麻酔が可能になります。
  その表面の麻酔の時に歯科用の表面麻酔を使用するのが一般的ですが、当医院では歯科の物と濃度が異なる特殊な「医科」の物を使用したり、歯科用であっても針の無い麻酔器などにより「確実性」を向上させています。


2. 極力細い針の使用

  歯科医師として入手可能な限りの中で、最も細い針を使って注射をする事により針を刺すときの痛みを和らげます。
  痛みを抑えるためには、太い針より細い針のほうが痛くない事は(目くそ鼻くそ的かもしれませんが?)医療関係者でなくても理解出来ますよね。
  でも、この「最も細い針」の場合、手動で薬液を注入(注射)する時の圧力は強圧になりがちですが、痛みを出さない為の圧力は弱圧なのでその調整が非常に難しいのです。
  そこで、安定した無痛注射としての圧力でユッタリとした時間をかけて麻酔を可能にするのが「電動」式の麻酔器となります。
  電動式の麻酔注射器ならユッタリ時間をかけても、等圧なので無痛のまま安定した無痛麻酔が可能です。

  さらに当医院では、この電動の注射器にチョットだけ工夫(イタヅラ?)をして見た目「麻酔」をイメージしないようにしています
  

3. 麻酔薬液カートリッジ・ウォーマー

  麻酔薬を体温と同じ36度程度に温めて温度差の刺激による痛みを緩和、あるいは無くします。
  皆さんは手首に氷を乗せてどの程度の時間耐えられますか??
  と言うか、そんな事した事が有りますか?
  やった事が無い方はどうぞ一度くらいは・・・やってみましょうか?
  私は中学校の頃だったか、友人と実験?(オイタ?)をしまして、数秒で痛くて氷をどかしていました。
  そんな経験上、1点に集中して冷やすと痛くなる事がある事を理解しています。
  麻酔も注射針の先端から1点に向かって薬液を放出している状態ですから、室温以下に冷えた液体が継続して出るので上記と同じ状態と言えます。
  その為、逆に体温と同程度の温めた薬液を使用すると痛みを抑える事が出きるようになる訳です。

  しかし、薬液温度を必要以上に高くすると、ある意味で周辺組織に熱症を与える場合が有るので、温度を高くすれば良いと言う事でも有りません。

 

4. テクニック(電動麻酔器を含む)

  電動注射器を使うことで手動では出来ない安定したゆったりと刺激のないスピードにより時間をかけて麻酔液が体内に入るので、注入時の痛みを和らげられます。
  また、麻酔の針を刺す際に針を微妙に振動させてさらに痛みを軽減する方法、『ゲートコントロール理論』を応用する『 バイブラジェクト 』と言う物を応用する場合もあります。
  これは、神経組織が最初に振動を感じると、その後に感じる痛みを伝達することが出来ない 、というゲートコントロールと言う理論により、麻酔薬の注入時に振動を与えて痛みを抑えようと言う物です。
  実際に使用してみて別角度で感じるのは、歯科の麻酔として独自過ぎて他の医院でしていない為、殆どの方が『初体験』による「ナニ?このブィ〜ンて振動しているやつ?・・・」と言うように麻酔の事よりもそちらの方に気が行って、痛みを感じさせていないのかも???とも感じています。
  また注射自体も、出来るだけ痛みに対して鈍い場所から麻酔をして行く事でも痛みを抑える事が可能でしょう。
  同じ口の中でも、痛みにニブイ場所と過敏な場所があります、出来るだけニブイ所から麻酔をするようにしています。
  つまり、痛みを感じにくい場所に、痛みを感じにくくするようなテクニックを併用して無痛麻酔をしている訳です。

 

5. 環境(アロマ等「静」の環境作りを含む)

  精神的な緊張感から来る痛みに対して、緊張の緩和や安心感を引き出すと考えられる成分を含むアロマの香りなどで環境的な面から、来院した時から尖った感覚を和らげようとしています。
  また、Drやスタッフの対応などで「安心」を与えることで痛みに対しての感覚を鈍らせる事も有ると思います。


その他..笑気吸入鎮静法

  その他にも、笑気鎮静法という方法で、鼻マスクで30%以下の笑気と70%以上の酸素を混合したガスを吸ってもらい、その効果で鎮静状態にする方法を応用する場合もあります。
  実際の感覚的には、『鎮静』と言うより・・・エ〜ット!
  例えると、飲酒して「矢でも鉄砲でも持って来〜い!!」と言う気持ちになる、ソレに似ている状態にする?。
  と言うと解かりやすいのかも知れません、「矢」より「鉄砲」より痛くない注射と感じてしまう??。
  しかし、良く勘違いをされる方が居ますが、この「笑気吸入鎮静法」自体は『麻酔』では有りません。
  上記したように「矢でも鉄砲でも持って来〜い!!」と感じている間に実際に「矢」より痛くない『麻酔注射』をして、「鉄砲」より痛くない『歯科治療』までもやってしまおう、と言うものです。
  しかも好都合にも、終了してからは鎮静効果を示していた時間・・・「麻酔」や「治療」をしていた時間帯の記憶が薄らいでしまう効果も有るため、嫌な治療の嫌な思い出が薄くなり結果として「痛くなく治療が出来た」と言う事にも繋がっています。
  ですが状況的に、以前は高頻度で使いましたが、現在では上記した複数の方法やDrとスタッフの対応による安心感からなのか、「矢でも鉄砲でも持って来〜い!!」と言う事無く麻酔が出来るようになり、その必要性を感じないために使用頻度が激減しています。


その他の条件

  麻酔が無痛で行えれば治療も無痛になるはずです。
  その為の要件があります。
  それは『時間』です。
  ただし、ここで問題になるのはじっくり麻酔に時間をかける余裕が今の制度下の保険医にはないということです。
  その為、保険医で有りながら、ユックリとじっくりと時間をかけて無痛麻酔をしてくれる医院は、総じて「無痛治療」に配慮している良い医院と言えると思います。
  恐らく、そんな医院はクチコミなどの評判も良いのではないでしょうか?