東京都足立区(亀有・北綾瀬・綾瀬・東和・大谷田)の歯科医院 歯医者の矢吹歯科(歯科恐怖対応)の静音治療は葛飾区 江戸川区 北区や千葉 埼玉からも受診患者さんが来ています




歯科特有の『音』に対応


「キィーン」・「シュー」・「ガァー」
という歯科特有の音って有りますよね。

スリガラスに爪を立てて引っ掻く音には負けるけど。
「キィーンという音が怖いのよ。」「あの音さえなければ・・・。」
って患者さんが受付で言うのを聞くようになりました。

ヒョットすると歯科医院に来て、「逆にあの音を聞いて歯が痛くなる」?患者さんも居るのではないだろうか?
(マサカ?そこまでは・・・??)(-_-;)


歯科医院に対する恐怖の多くは、器具等によって作られている事は理解しています。
矢吹歯科では、現在、既に基本的な器具以外の麻酔用具や手術用器具や先の尖った器具類はなるべく患者さんの目に入らないように隠したり、また置き方を工夫したり等、取り扱いを中心に極力『不安感』を与えないようにしています。
また器具が出す音に関しても既に、器具を置く時の受け皿(金属製)に関して「特別な工夫」によって、あまり『カラーン!』・『カチャーン!』とはならない、『隠れ好評』の低反響の製品を使用しています。 (医院で確認も可能ですよ)

しかし
削るキィーンというとなると・・・(-_-;)

実は、あの「歯科特有の音」で『キィーン』と言う音は、特に歯の神経の保護歯質の組織を安全な状態に維持しながら「虫歯の部分」を削る為の、特殊なやすりの回転スピードを超高速に回転させる「圧縮した空気」の出す流れ音(タービン音)です。
つまり、歯組織の損傷を最小限度に抑えるために必用な『ジェット音?』なのです。

近年では、その『ジェット音』を抑える為に「空気力」では無く、高回転数の電気モーターにより音を出さない工夫も出てきました。
しかし「キィーン」と音の出るタイプと比較すると、回転スピードが不足していてガリガリ・ゴリゴリと「振動」が強く、また削る為の時間が多く必要になったりと、患者さんや歯に与える影響は従来の「キィーン」タイプには未だ追いついていないのが現状です。

したがって、現時点では人体組織に優しく削る為には「ガリゴリ」タイプより「キィーン」タイプの方が、よりベストだと私は考えています。

その『キィーン』が否定されては・・・
どうしましょう??

従来からの対処方法のヘッドフォンで耳を被ってしまう?
それでも、漏れて聞こえますよ。(-_-;)


で、他業種の話題で目に付いた「音」!、と言えば・・・
最近、国産高級自動車にエンジンのこもり音などを打ち消して、静かな音響環境や乗り心地を目指す製品が見られるのをご存知でしょうか?

その元となる原理を初めて知った時に、それって『歯科』でも使えない???
って、私の頭に浮んだのが数年前の事でした。


そしてこの度、空気を伝わる歯科的な「による歯科恐怖心」を持つ患者さんを対象とする音響的複合方法応用の『静音治療』として応用し実施する事となりました。(^◇^)v

ちなみに、TVを見ていたら、あのフィギュアスケートの荒川静香選手も、競技前に外部音を遮断して、精神を集中する時に、このシステムを使用していました。

あの『キィーン』ってがイヤダ!
と、いう方はお試しください。


東京都足立区(亀有・北綾瀬・綾瀬・東和・大谷田)の歯科医院 歯医者の矢吹歯科(歯科恐怖対応)の静音治療は葛飾区 江戸川区 北区や千葉 埼玉からも受診患者さんが来ています



矢吹歯科