<インフォメーション>
この度はBlue Heavenへお越し頂きありがとうございます。
仙台市内および近郊、岩手・秋田・山形・福島の女性向け出張マッサージです。

悩んでいるのは貴女だけではありません。初めての方でも安心してご利用していただけます。
普段のマッサージやエステにはない施術で女性らしさを引き出す効果に
より高いリラックス感と体の奥深くまで癒されていく充実した満足感をご提供致します。
男性セラピストによる施術でエステにはないドキドキ感もおたのしみください。
「気持ちいい」の先にある「悦び」につながる深い刺激も味わいながら
身体の芯まで癒されてください。

個室スペースのゆったりした時間の中で特別なマッサージサービスを満喫できます。
気持ちよくストレス解消やリフレッシュをして、そしてキレイに・・・

はずかしいけど気持ちよくなりたい貴女のために。
まずはお気軽にメールしてください。


<初めてご利用のお客さまへ>
Blue Heavenのマッサージはやさしくて気持ちいいマッサージです。
単に性的欲求を満たすだけの風俗営業ではなくて、ボディケアとスキンシップを融合したような
心身共にリラックス&リフレッシュして頂けるような癒しのサービスです。

癒しと性感の組み合わせ
リラクセーションのようなマッサージでも誰もが最初は緊張してしまうものです。
施術の流れとしてまずはコリほぐしのマッサ−ジをしながら少しお話しをして疲れや気分を和らげていきます。
それから少しずつ柔らかいタッチに変えていくのでリラックスして受けていただけます。
触れ合うことによる安心感、性的快感が気持ちの癒しへつながっていきます。
リラクセーションやエステのマッサージを受けているときに、ちょっと触れたことによりスイッチが入り
身体が敏感になってしまったことはありませんか?
そこでもっとそっちのマッサージをしてほしいなんておねがいできませんが
当初からそんなお悩みを理解してのマッサージなら安心です。
気づかれないようにガマンしたり、感じてしまったことを恥ずかしく思う心配もありません。
恥ずかしがって悶々としているより健康的に発散しませんか?
「こんなに気持ちいいならもっと早く利用すればよかった」と思って頂けるはずです。

サービス内容について
マッサージ全般において主に手指を使っての施術になります。いわゆる本番行為はありません。
手順の中に用品器具等で無理に強い刺激を与える行為はありません。
お客さまの状態に合わせて加減や時間配分を調整してなるべく最適な内容にしていきます。
無理のない範囲で症状やご希望オプション(事前メールや当日でも・無くても可)を伝えてもらえると
より最適な内容にできます。マッサージで「肩が凝っている」などとおんなじです。
男性経験が少ない、または未経験の方でも安心して受けていただけます。
微妙なタッチで感度抜群の乾式(ドライ)マッサージや美肌効果に全身ツルツルで気持ちいい
オーガニックアロマオイルのマッサージもオススメです。

パートナーがいる貴女にも
元気なイケメンの彼氏だけど前戯もそこそこに自分だけが楽しんでいるみたいな気がしてきた。
あるいは逆に忙しい、疲れたでちっとも相手をしてくれないセックスレス。
仕事や家事のストレスで火照る身体をひとりでさみしくなぐさめたり、こらえる毎日。
彼氏だからこそ言えない願望もありますよね。
こんなことしたらスゴく感じちゃいそう・・・でも恥ずかしい・・・と思うのも自然なことです。
それがいつの間にかもやもやしたお悩みになっていませんか?
じれったいくらい下着もはずしてくれない、我慢しきれないほどの前戯で全身の性感帯を・・・

Blue Heavenって会社?
このサイトは個人営業で出張訪問の形態で行っているボディセラピーです。
不信な出会い系サイトや不特定多数のスタッフが出入りするホストクラブではありません。
安心してどなたでもご利用になれます。
マッサージサービスと称してスリーサイズや年齢を確認してくるサイトがあります。
出会い系サイト等含めて十分にご注意ください。

個人情報の取り扱いについて
ご利用にあたって必要なのは連絡用のメールアドレスのみです。
住所や電話番号は必要ありません。
問い合わせメールからサイト見ましたとお気軽にメールしてください。
ご質問やご希望の日時を受付けます。
まずはメールでお話しして安心・納得されてからの予約で。

システムページのご案内・注意事項もよくお読みになって
適正なご利用と安心運営にご協力おねがいします。


<カラダとココロの癒し>
性欲は人間の3大欲求のひとつとされる大切なものです。
男性の一方的な要求やストレス解消のためだけのセックスでは
女性は快感を楽しんだりすることは少なく満たされるはずはありません。
挿入してから射精するまでを本番行為と定義するのは男性的な発想です。
セックスをしても「感じる」「イク」感覚がわからず不感症では?と悩んだり
感じるふりをして声を出すような疲れるだけの行為だったりします。

たしかにオーガズムに達することは一番気持ちのいい瞬間ですが
相手をイカせることだけにこだわりすぎて焦ってしまうと激しくて痛いだけの愛撫になってしまったり
女性は「早くイってあげないと相手が疲れてしまう」といった気持ちで頭がいっぱいになり
さらにイキにくくなってしまいます。
本当に気持ちよくて癒されるセックスをするにはまずイクことにこだわるのをやめて
ゆっくりと性感帯を愛撫される快感によいしれてみてください。
やさしいタッチでゆっくり時間をかけて感度を高めていきその上で自然にオーガズムに達することができれば
バイブなどで一瞬にしてイクのとは比べ物にならない深いオーガズムに達することもできます。
挿入だけがセックスという固定概念をなくせば
挿入しなくても隠された全身のポイントに触れるだけでオーガズムに近いほどの感覚を得られます。

女性は全身性感帯とよくいわれますが貴女は本当にそう思いますか?
男性に「女性の性感帯はどこですか?」と聞くと、おそらく胸、クリトリス、膣と答えるでしょう。
ほとんどの男性はこれらの場所をいきなりせめたてます。
体調や気分によって感じ方や感じる場所が変わっていくこともあります。
彼女は○○が一番感じると決め付けてしまうと物足りない内容になってしまうこともあるようです。

ほんの少しの前戯で気分も高まらず膣がしっかり潤う前にいきなり挿入する男性も珍しくありません。
男性側の考え方は「愛撫は挿入して自分が気持ちよくなるために膣をぬらす行為」であって
挿入するための事前準備でしたがその程度の準備ではまだまだ不充分なのです。
性交痛の不快感からセックスが嫌になってしまう女性も多く
この原因も女性側にはまず問題は無く十分な準備もないまま「本番」だけで
終わってしまうことからくるようです。

性器や胸だけでなく全身の隠された性感帯をひとつひとつ丁寧に刺激していくことによって
女性の感度は今まで体験したことのない領域まで高められていきます。
それによって、セックスは性器に触れることだけではないことを身体で理解し
全身がクリトリス同様に感じることができるように体質改善されていきます。

感じるままに声にだしたり、体を動かしたり、気持ちを開放して
ゆっくりと時間をかけて多くの快感を味わいながら昇りつめていくことで
より質の高い満足感と絶頂感を得られるようになるでしょう。

性行為において前戯はお互いの興奮を高めるためには重要な行為であり
特に女性の愛液の分泌量に大きく左右するとされます。
濡れやすいと淫らでいやらしいという否定的な感じを持たれるかもしれませんが
これこそが体が健全な証拠です。
いつまでも潤いのある素敵な女性でいたいものです。

女性はピークに達するまで男性の数倍の時間を要する体質でオナニーの時間は長めが普通です。
大小の波が寄せ返すようにピ−クが繰り返し何度も感じられる体質が多いのも女性の特徴です。
パートナーがいても行為で満足できずバイブやオナニーが病みつきに・・・と心配な方も多いです。
仕事や趣味は充実しているけれど出会いの機会がない。あるいはお一人が気楽という方も増えています。
女性の性欲は20代後半からと高まっていく体質の特徴がありオナニーの密度は高まる傾向から
いつまでもオナニーばっかりしていると感じてしまうと嫌悪感や罪悪感を抱いてもやもやした不満に。
オナニーのような行為も理解ある男性が手を添えてくれるだけでまるで違うものになっていきます。

容姿体型のコンプレックスや、仕事での悩みやセクハラ、パートナーに理解してもらえないなど
強いストレスなどが要因になって不満やレス状態になってしまう方も少なくありません。
気持ちを抑えずに癒される時間を持つことも大切です。

体のあらゆる部分を刺激して感度を上げていけば女性臓器も活性化されて
ホルモン分泌や血行や代謝が改善になり、肥満の抑止効果もあります。
性欲が満たされることは、ストレスの解消や自律神経の安定につながります。
あまりにストレスや疲れがたまってしまうと食欲や性欲までも減退してしまいます。
体調がイマイチ、肌荒れや顔色が悪いなどのお悩みは
性的欲求の満足度の違いも大きく関係あるかもしれません。
買い物や食事でのストレス解消はクセになると不要な買い物や健康を損なうリスクがありますが
欧米では十分な性生活の維持はスポーツに例えられるほど心身に大切なものです。





当サイトの画像・テキスト・企画には著作権があります。
無断転載・利用は一切禁止いたします。
Copyright(c) Blue Heaven Allrights reserved



GuestNo.
   Today.    Yesterday.